2018年02月06日

ときママのハーブティー

遅くなりましたね。

昨年末から高濃度ビタミンC点滴を休んでいるときママですが、順調になっている様子。


昨年苦しんでおかぁはんに泣きついた月経痛もイブニングプリムローズ(月見草茶)とオレンジビールビター茶で緩和して落ち着いています。


きづな、つないでにもおかぁはんが書いていますがハーブティーは食事療法と合わせて続けると良い結果が生まれる時も、現状維持が可能です。


症状が比較的軽いのは言うまでもなく…ですが。


わが家に来る前娘たちはよくインフルエンザに悩まされたと言いますが、小川生薬さんの板藍根茶(ホソバタイセイの根茶)、イスクラの五行草茶(スベリヒユの根茶)にハーブティーをプラスアルファしてインフルエンザにかからない体質になってきています。


おかぁはんの絡んだ医療施設にはハーブティーがポットに入っていつでも患者さんが飲めるようになっています。


一番人気は羅布麻茶(ヤンロン茶)。


1990年に中国衛生部がお茶である羅布麻茶を医薬品に認定、禁忌として冷え性とお腹をこわしやすい方は使えません。


ヨクイニンことハトムギ茶やホーソンベリーこと山査子(サンザシ)茶も人気とか。

症状が比較的軽いならハーブに頼ってもいいと思います。


おとぉはんはスティングネトル茶に助けてもらいましたよ。

医師とはハーブにも詳しいのだな…と思ったおとぉはんでした。  続きを読む


Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 00:46Comments(0)ときママ日記

2018年02月04日

酢の物がニガテなら

遅くなりました。


ときママは酢の物がからっきしダメなんで(らっきょうのみ可)ネーブルの果汁とレモン果汁をあわせたものにカブのスライスを塩もみして漬けていました。


試食の時に(コレなら食べれる!)と絶賛!


酸味のやわらかい、はるかやせとか、黄金柑などには柚子果汁やレモン果汁、青みかん果汁をプラスすると食べやすいサラダ感覚となります。


漬け物…ズバリではないのでいろんな柑橘系果汁でお試しください。


ときママは八朔果汁とネーブル果汁がお気に入りでした  続きを読む


Posted by おとぉはんです。 学校が遠くて通えない娘たちも囲んでのわちゃわちゃ家族日記書いてます。 昭和レトロなお家での家族コメディ、いつでもおじゃましてください! at 22:08Comments(0)ときママ日記